BACK

言の葉しずく


胸の奥からあふれ落ちる想いのしずくを紡ぐ。 
しずくはやがて言の葉になり、 
言の葉は男たちの夢を語る歌となる――。 


 ◆夢のあとさき (総司と歳三の夢見る頃を過ぎても…な日々)

翠雨の頃
  文久二年四月。多摩に出稽古に来ていた総司は、歳三の許婚 お琴と
  出会う。


夏 宵
  夏風邪は、うつるとひどいんですよ(笑)。

初 雪 
  京で迎える二度目の冬。初めての雪に、総司ははしゃいだ声を上げる。
  去年と違うのは、お前に病の翳がさしていることだった。


私が笑っていられるのは
  山南が死んで、沈んでいた総司を、土方は花見に誘う。舞い散る桜の
  花びらの下で、総司が気づいた大切なことは……。


散り椿、雪に咲く 
  新選組が京を去る最後の夜。白い雪の上に咲く真紅の椿。

今日という日を
  五月五日。誕生日が来ると、土方は総司の笑顔と柏餅を思い出す。



 ◆恋しくて… (恋人はタイムトラベラー?)

●平助くんと私の六十日間
   [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [エピローグ]
  その夜、「平助くん」が私のベッドの上に落ちてきた――。
  新選組が大好きな女子大生 花梨と、現代にタイムスリップした藤堂平
  助の、ちょっぴり切ないラブ・ストーリー。


世界で一番幸せな私 (平助くんと私の六十日間 番外編)
  4周年記念SS。花梨には、平助くんの眸子の中に星が見える。

●帰 郷   [1]  [2]  [3]  [4]
  花梨と平助の里帰りエピソード。ラブラブで甘々な小ネタ集(笑)。

願い(平助くんへ…)
  5周年記念の走り書きSS。花梨はそんなに強いコじゃないよ;;

その笑顔を抱きしめて 
  平助くんにはまぶしい夏の日差しが似合う。その笑顔は満開の向日葵
  のよう。あざやかで、まっすぐで、温かい――。




 ◆浅葱色の風 (新選組な人たち…を描く短編集)

空が何処までも青いのは
  池田屋で傷を負った藤堂と、喀血した沖田。それぞれに痛みを抱えなが
  ら、夏の空を見上げる二人。


●存在理由
 −私のいる場所−
   [1]  [2]
  互いに相手のことが分かりすぎて、かえって余計な気を遣い合ってしま
  う土方と沖田。斎藤には、そんな二人が滑稽でほほえましく、ほんの少
  しうらやましくもあった。


花葬 −わかたれた道−
  もう散りかけの桜を見に行こうと、原田は藤堂をさそう。永倉も交えた宴
  の席には、近づく別れの予感があった。

想いあふれて
  会津へ向かうことになった斎藤は、病床の沖田を訪ねた。そこで、彼が
  沖田から託されたものは……。


君がこんなにも愛しいのは (薄桜鬼二次創作)
  羅刹になった藤堂を支えたのは、ただ千鶴のために生きたい、という願
  いだった。
   
※平助イベントのために、マゴムギさんが描いてくださったイラストとの
     コラボ小説です。(^^) ありがとうございました〜。




いにしえ・夢語りHOMEへ浅葱色の庭TOPへ